Reservation   marvelpowers@icloud.com

特別チャネリング講座開催決定

特別チャネリング講座のご案内です。

 

【開催日】

2020年11月23日(月・祝)

10時〜17時

【会場】

野々市市交遊舎(ののいちしこうゆうしゃ)

〒921-8807

石川県野々市市二日市町1丁目2

※ JR野々市駅北口出口を出て右隣

会場の規定により少人数開催になります。

 

 

 

チャネラーを養成するチャネリング講座。

今までは基本的にオンラインでやってきました。

勿論、現在もオンライン受講が可能です。

 

ですが。。。

 

令和に入り、世界情勢が目まぐるしく変化しています。

あなたもこの変化の早さを実感しているのではないでしょうか。

 

そんな中、今年、エジプトのピラミッドを貸し切り世界平和の祈り

のエネルギーを王の間から世界に発振しようとしていましたが、

エジプトのロックダウンにより叶いませんでした。

 

実は、私のお伝えしている講座の中に、エジプトの王家にのみ伝えられて

きた秘儀が組み込まれています。そんな繋がりもありエジプトにはご縁を

感じています。

 

エジプトの王家に伝わる秘儀があるように、日本にも秘儀があります。

私は、日本全国の神社・仏閣をかなりまわっていますが、その旅の中で日本の

秘儀についての情報もパズルのピースのような形で散らばっており、全国の

神社仏閣をまわることにより、その情報が徐々に形になっていって、

ついに全貌が見えたのです。

 

 

驚くことに、その内容は私がチャネリング講座でお伝えしているエジプトの王家に

伝わる秘儀と酷似していたのです。

私は、この両方を知ることにより、核なる部分が見えました。

 

この日本の秘儀に関して、少しだけ触れておきますと、日本には三種の神器があります。

 

 

八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

です。これは日本の天皇に受け継がれてきていることは周知の事実です。

八咫鏡は伊勢神宮の内宮に、草薙剣は熱田神宮に、

八尺瓊勾玉は皇居の吹上御所の剣璽(けんじ)の間にあるとされていますが

実物は非公開のため、謎に包まれています。

一つ言えることは、天皇のみに受け継がれてきたということで、これが

何を意味するのか?

何故、一般に公開されてこなかったのか?

 

それは、それだけの力があるからです。

 

 

今回、私がたどり着いた秘儀とは、この三種の神器との繋がりのあるものなのです。

秘匿性が高い内容の為、これ以上はお話しすることは出来ません。

 

今回、通常のチャネリング講座に加え、長年かけてやっとたどり着いた、

この日本の秘儀についてもお伝えしようと思います。

 

秘匿性が高い内容ですので、

情報が漏れやすいオンラインでもお伝えすることが出来ません。

ですので今回は対面での講座になります。

 

また、日程に関しては、通常は6時間を2日に分けて3時間×2で

お伝えしていますが、遠方よりいらっしゃる方の負担を軽減するために、

内容の6時間を1日でお伝えしますが、チャネリング講座の内容に

変更はありません。

 

その後、21日間のワークに取り組んで頂きます。

フォローはオンラインにてさせて頂きますのでご安心下さい。

 

これからの時代は、沢山の方がこのような世界を変えるような情報を掴み

世界の為に動いて頂ければと思っています。

そして、チャネリングスキルも身につけて頂き神仏との繋がりも強化すると

さらにあなたへのサポートが入ると思っています。

 

時代の流れとしては、今後、オンライン化が益々進んで行きますが、

このチャネリングスキルを使い、セッションを行うことで

収入の柱の一つにして頂き、世界の為の活動費用に使って頂ければ

とも思います。

人の役に立ちながら活動できるなんて素敵だと思いませんか。

 

 

【講座内容】

チャネリング習得に最低限必要な知識を身につけ、

自分自身を守る守護霊やハイヤーセルフに気づき、コンタクトを取る方法、

さらに前世や多次元の存在、神仏など、目に見えない様々な存在と

自分一人で安全につながる方法を習得します。

 

  1. チャネリングとレムリア文明
    ・レムリアの歴史・レムリアとチャネリングの関係・レムリアからのメッセージ・エメラルドタブレットとは?
  2. チャネリングとは
    ・この世の仕組みと次元について・チャネリングのメカニズム・チャネリングの伝達方法
  3. チャネリングの基礎
    ・チャネリングのタイプ・チャネリングのポイント・チャネリング能力を上げるには
    ・安全にチャネリングする方法
  4. チャネリング実践ワーク1
    ・守護霊、守護天使のポジション ・守護存在の設定の仕方
  5. チャネリング実践ワーク2
    ・アカシックレコードへのアクセスワーク ・ハイヤーセルフチャネリング
    ・守護霊とのコンタクト方法 ・守護天使とのコンタクト方法
  6. チャネリング実践ワーク3
    ・前世チャネリング
  7. 日本の秘儀

受講で得られるもの

⭐️直感力の向上

⭐️スピリチュアルな感覚のレベルアップ

⭐️引き寄せ力の向上

⭐️人生から『悩み事』が消える

⭐️生きることそのものが楽しくなる

 

 

 

今回の特別チャネリング講座ですが、

そもそも通常のチャネリング講座があった上で、さらに今回の日本の秘儀

についてお伝えしますので価格がどうなるかの想像は容易かと思います。

 

 

ですが、今回の意図は世界の調和の為に動いて頂く方を増やすことですので

価格は、私の今までの講座価格そのままにします。

 

 

 

168,000円(税込)

 

です。

 

ただ、今回の秘儀の情報を得る目的で受講される方はお断りさせて頂きます。

 

今まで、私の講座をいつ受けようか悩んでいた方は、是非、この機会に

受講して頂ければと思います。

 

あなたの世界の調和の為の一歩をお待ちしています。

 

申込みはこちら

 

 

 

 

 

11月の神社ツアー⛩は春日大社

今日は11月の神社ツアー⛩のお知らせです。

 

11月の神社ツアーは奈良県の

 

春日大社

かすがたいしゃ

 

 

 

2020年11月16日(月)

 

午前10時 春日大社 一の鳥居前 集合

 

参加費無料

 

〒630-8213

奈良県奈良市登大路町48(一の鳥居近くの住所です)

 

 

春日大社(かすがたいしゃ)は、奈良県奈良市春日野町にある神社

式内社名神大社)、二十二社(上七社)の一社。

旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

旧称は「春日神社」、神紋は「下がり藤」。

全国に約1000社ある春日神社の総本社である。

ユネスコ世界遺産に「古都奈良の文化財

の1つとして登録されている。奈良平城京

遷都された和銅3年(西暦710年)、藤原不比等藤原氏の氏神である

鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に遷して祀り、

春日神と称したのに始まるとする説もあるが、

社伝では、神護景雲2年(西暦768年)に藤原永手鹿島の武甕槌命、

香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、

御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したのをもって創祀としている。

ただし、近年の境内の発掘調査により、神護景雲以前よりこの地で

祭祀が行われていた可能性も出てきている。

 

ウィキより

 

ということで、全国の春日大社の総本社に訪れます。

今回は、諏訪の流れも組みつつ、歴史上大きな役割を担った

藤原家の祖神を祀っている神社でもあります。

 

 

そして、毎回全国から色々な個性を持つメンバーが集まってきます。

初めて会ったのに、昔から知っているような気がする。そんな声も

多く聞きます。要するに魂の家族と再会する確率が高いのです。

 

とにかく、行ってみたいなと一瞬でも思ったらそれをすぐに

行動に移して下さい。

あなたの人生に新しい展開が訪れます。

 

 

申込みはこちら

 

 

【10月の神社ツアーは出雲大社⛩】

さて 10月の神社ツアーのご案内です。

10月と言えば

『神在月』

かみありつき

と言うことで

10月の神社ツアーは

『出雲大社(いずもおおやしろ)』

で決まり!

日時は

10月27日(火)午前10時

稲佐の浜 駐車場集合

参考住所

〒699-0702

島根県出雲市大社町杵築北稲佐2711−12

しかし!

先に言っておこう。

神在祭は旧暦の10月に行われる。

今年、2020年の神迎祭は

11月24日

神在祭(かみありさい)は

11月25日〜12月1日

に行われ、チャネラーリュウの神社ツアーの日に

全国の神々たちは出雲にはいない。

え? それなら何故、11月の神社ツアーにしないの?

それには、大きな理由があります。。。

それは。。。

。。。

。。

混むからですっww!!

私たちは、神々が集まった出雲に行きたいわけではないのです!!

ホントは行きたいけど

しっかりと出雲の地でやることがあるのです。

何をやるのか?

それは来てのお楽しみ。

今回は、地元の方がまわる場所を提案してくれ、

その場所をチャネリングし、コースを決めています。

なので面白くなること間違いなしです!

とにかく、直感でいらしてください。

雨天決行

参加費無料

です。

申込みはこちら!

神様が教えてくれたアイテム

令和に入り、現実世界の展開スピードがどんどん早くなっているのを感じます。

アトランティス文明の頃の叡智が現代版のモノに形を変え、世の中に出てきています。その中でも最も世界に貢献していると言えるのが、【インターネット】。

30年前には想像もしていなかった現実がすでにあります。

そんな世界の中、全国をまわっている私にはいろいろな情報が入ります。それは、目に見える情報であったり、目に見えない存在からの情報であったりです。

最近、神様から教えてもらった情報は、再生医療に関するものでした。

再生医療というと難しく感じるかもしれませんが、砕いて説明するとすれば、

身近なところで、美容液。

今、使っている化粧水に数滴垂らしてお肌に塗ってみてください。

きっと周りの方から、「何使ってるの?」と聞かれるでしょう。

美容液を見に行く

【9月の神社ツアーは諏訪大社⛩】

今日は9月の神社ツアーのお知らせです。

2020年9月の神社ツアーは長野県の

【諏訪大社】

 

 

【日時】

2020年9月30日(水)午前10時集合

 

【集合場所】

諏訪大社 上社前宮 社務所前駐車場 集合

 

〒391-0013

長野県茅野市宮川2030

 

【参加費無料】

 

諏訪大社(すわたいしゃ)は、

長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社です。

信濃國一之宮。

全国各地にある諏訪神社総本社であり、

国内にある最も古い神社の一つとされています。

諏訪大社の歴史は大変古く古事記の中では

出雲を舞台に国譲りに反対して諏訪までやってきて、

そこに国を築いたとあり、

また日本書紀には持統天皇が勅使を派遣したと書かれています。

諏訪大社の特徴は、諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がありません。

代りに秋宮は一位の木春宮は杉の木御神木とし、

上社御山御神体として拝しております。

古代の神社には社殿がなかったとも言われています。

つまり、諏訪大社はその古くからの姿を残しております。

諏訪明神は古くは風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神。

また武勇の神として広く信仰されています。

諏訪大社HPより

 

春宮と秋宮は前日にそれぞれに回ることにして、

今回は、上社の前宮と本宮の2社を神社ツアーに設定しました。

 

※前宮から本宮への移動は各自でお願いいたします。

また、翌日の10月1日(木)は同じく長野県の【戸隠神社】(奥社大鳥居前 9時集合予定)に行きます。

参加希望の方は公式ラインで『戸隠神社希望』とメッセージをください。

 

 

神社の歴史も素晴らしいですね。

私の神社ツアーは基本的にそれぞれが自由に神社をまわります。

それは人間が本来持っている感覚を思い出してもらう為で、

それぞれの感覚を大切にしています。

もっと自由に、感じるままにあなたの五感を使ってみませんか。

 

 

さぁ あなたも神社ツアーに参加して

人間本来の感覚を呼び覚ませ!

        

       

参加申し込みはこちら。

【8月の神社ツアー⛩は 熊野那智大社】

今日は8月の神社ツアーのお知らせです。

今回の行き先は    

和歌山県

【熊野那智大社】

   (くまのなちたいしゃ)

日時 8月19日(水)午前10時 

和か屋本店駐車場集合

〒649-5301

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山456

集合場所の【和か屋本店駐車場】

はピンの場所です。 

↑拡大

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社

熊野三山の一つ。

熊野夫須美大神を主祭神とする。

かつては那智神社

熊野夫須美神社熊野那智神社などと名乗っていた。

また、熊野十二所権現十三所権現

那智山権現ともいう。

熊野権現とは熊野三山の祭神である神々をいい、

特に主祭神である家津美御子(けつみみこ)スサノオ

速玉(イザナギ牟須美(ふすび、むすび、または

「結」とも表記)イザナミ

のみを指して熊野三所権現、熊野三所権現以外の

神々も含めて熊野十二所権現ともいう。

さらに

飛瀧神社にも行き、那智滝も見ます。

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)

和歌山県那智勝浦町那智山にある神社である。

御祭神は大己貴神。

熊野那智大社の別宮であり

那智滝自体が御神体であり、本殿は存在しない。

拝殿もなく、直接滝を拝むこととなる。

滝の飛沫に触れることによって、

延命長寿の霊験があるという伝説がある。

そしてもう一ヶ所

青岸渡寺(せいがんとじ)

熊野三山の信仰が都の皇族貴族に広まったのは

平安時代中期以降であり、青岸渡寺および隣接する熊野那智大社

ついても創建の時期等については判然としない。

伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、

天竺インド)から渡来した裸形上人(らぎょうしょうにん)

による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の

如意輪観音菩薩本尊として安置したという。

後に推古天皇勅願寺となり、

6世紀末 – 7世紀初に生仏聖(しょうぶつひじり)が

伽藍を建立し、丈六の本尊を安置して、

その胎内に裸形上人感得の如意輪観音菩薩を納め、

如意輪堂を建立したという。

以上はあくまでも伝承であるが、

那智滝を中心とする自然信仰の場として早くから開けていたと思われる。

ウィキより

と、3ヶ所を回るツアーになります。

神仏習合の雰囲気を肌で感じることができそうですね。

今回も素晴らしいエネルギーを体感できること

間違いなしです。

申込みはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。