marvelpowers@icloud.com

【5月の神社ツアー⛩は伊太祁曽神社】

5月の神社ツアーのお知らせです。

 

2021年5月26日(水)

伊太祁曽神社⛩

(いたきそじんじゃ)

午前10時30分 

伊太祁曽神社 駐車場集合️

 

〒640-0361 

和歌山県和歌山市伊太祈曽558

 

 

 

さらに!

当日は日前神宮 國懸神宮
(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)も
訪れる予定をしています。
(伊太祁曽神社から車で約15分)

参加希望の方は、車での移動になりますので、
タクシー等、各自での移動になります。

 

日前神宮・國懸神宮

〒640-8322

和歌山市秋月365

※参拝者車両は駐車無料で、東門より入れます。
※西門及び太鼓橋は車両進入禁止です。

解散予定は16時30分の予定です。

 

 

参加申し込みはここをクリック!

 

4月の神社ツアー⛩は彌彦神社

2021年4月の神社ツアーのお知らせです。

 

2021年 4月 22日 (木)

午前9時30分

彌彦神社 一の鳥居集合

 

 

 

〒959-0393 

新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

参加費無料

 

詳しくは YouTubeで

 

YouTubeはここをクリック!

 

申込みはここをクリック!

3月は美具久留御魂神社ツアー⛩

2021年3月の神社ツアーのお知らせです。

3月の神社ツアーは

大阪府富田林市の

美具久留御魂神社

(みぐくるみたまじんじゃ)

です。

3月26日(金)

午前10時 鳥居前集合

参加費無料

「みぐくるみたま」という名は、

「水泳御魂(みくくるみたま)」、つまり水を司り、

山からの水を土地に配分する神を祭るということに由来しています。

創建は崇神天皇、

祭神は

大国主命

です。

神社の本殿の裏山には4基からなる古墳群があり、

神体山となっています。

御山の中腹に鎮座する本殿へは階段と参拝道が設けられています。

下拝殿・上拝殿があり、どちらからも参拝出来るようになっています。

下拝殿横から続いている一の宮参拝道は、

本殿を囲む形で設けられており、

榊の御神木に併せて方角の先々に鎮座する一の宮の

遥拝所が設けられています。

楠木氏は上水分社(建水分神社 千早赤阪村鎮座)と共に

美具久留御魂神社を下水分社と称し氏神として信仰し、

神領寄進や社殿造営を行っています。

(大阪観光局HPより)

ということとで。楠木正成との縁が深い神社です。

楠木正成の流れは、昨年あたりから感じていましたが、

やっとその流れに入れるようになりました。

楠公(楠木正成)さんは、男が惚れる男で

沢山の偉人たちに影響を与えた人物です。

そんな魅力ある、楠公さんの氏神様に参拝するツアーです。

また、神仏応援団リュウの神社ツアーは

私が旗を持って皆を案内するような事はなく、

参加者個人個人が、それぞれの感覚を大切にして

まわります。

なので、神社ツアーと言っていますが、個別参拝に

限りなく近いです。

さらに参加者は変態揃い。(←褒め言葉ですw)

一般の社会の中ではなかなか話せないようなことも

参加者の中では、至って普通の会話です。

普段、なかなか不思議な話ができないという方にも

オススメです。

申込みはこちら

また、参拝が終わり次第、天皇陵へ

いくつか行ければと思っています。

移動は各自になりますが、希望者は

一緒に行きましょう。

基本自由解散ですが、終了は

午後4時30分頃を予定しています。

1月は龍田大社ツアー⛩

1月の神社ツアーのお知らせです。

2021年の最初の神社ツアーの行き先は

 

奈良県

 

【龍田大社】

  たつたたいしゃ

 

です

 

 

【日時】2021年 1月 28日 (木)

 

午前10時 龍田大社鳥居前 集合

 

 

【場所】

 

〒636-0822

奈良県生駒郡三郷町立野南1丁目29−1

JR大和路線「三郷」駅より徒歩5分

 

参加費無料

 

 

 

2020年の冬至を過ぎて、スピリチュアルの業界では風の時代と言われています。

風の時代は強力し、助け合っていく。

共有、そして情報、体験、人脈などがキーワードになります。

 

これは私が目指す、『円卓の騎士』の状態。

個人それぞれが自立し、協力しあう。

まさに風の時代そのものです。

 

そんな風の時代に入り、人間だけではなく、

神様たちとも協力しあいたいですよね。

 

風の時代の神様。。。

 

 

今回の神社ツアーの龍田大社の主祭神は

 

天御柱大神(あめのみはしらのおおかみ)(別名:志那都比古神(しなつひこのかみ))
国御柱大神(くにのみはしらのおおかみ)(別名:志那都比売神(しなつひめのかみ))

 

祭神の二柱は、天と地の間、即ち、大気・生気・風力を司る神様で、

 

「風の神様」です。

 

ご神名の「御柱(みはしら)」とは「天地万物の中心の柱」とされ、別名の「志那(しな)」とは「息長(長寿)」を意味していて、「気息の長く遠く吹き亘る」とされます。つまりは天地宇宙の万物生成の中心となる「気」をお守護(まも)りくださる、幅広いお力のある神様です(HPより)

 

風の時代に風の神に会いに行く

 

ということなのです。

 

また、龍田大社には風神護符という珍しい御守りがあります。

 

風神護符

人は生まれながらに天から五行の気、すなわち五気を授かっています。これは『陰陽五行』の思想に由来するものであり、五行とは、それぞれ木・火・土・金・水を表し、これを色に当てはめると、「木=青色」「火=赤色」土=黄色」「金=白色」「水=黒色」となります。
体の健康に食物が必要であるのと同様に、心の健康にはこの五気が必要です。しかし、中にはこの五気が足りない場合や逆に多すぎる場合があります。そこで、足りない気を補い多すぎる気を抑え、バランスの良い気の力により、いつも心楽しくお過ごしいただけるよう当社では、この五行の力に基づいた5色の「風神護符」というお守りを授与しています。(HPより)

 

 

と、なんとも有難い御守りですね。

 

あなたが。龍田大社に参拝し、風の神様との縁を繋ぐ、

そして、お賽銭や御守りを購入することによって

龍田大社さんにも貢献する。

 

まさに風の時代そのものではないでしょうか。

 

 

ということで、神仏応援団となって

 

龍田大社に行こう!

 

 

申込みはこちら!

【12月はシークレット神社ツアー】

12月の神社ツアーのお知らせです。

 

2020年最後の神社ツアーの行き先は。。。

 

 

シークレット

 

 

 

 

 

です。

具体的な場所は参加表明をされた方だけにお知らせします。

 

シークレット神社ツアーは昨年の11月以来になります。

秘密にするには、それなりの理由があるからです。

 

今回の行き先も隠された重要ポイントです。

 

まずは、大まかな内容をお伝えします。

 

開催日

2020年12月15日(火)

午前7時に三重県鳥羽市のある場所に集合

 

現地集合・現地解散

参加費無料

 

 

 

 

という予定なのですが、実は、その設定場所に行けるか

どうかは、当日になってみないとわからないという

未確定の状態なのです。

もし、行けないとなった場合は、行き先を変更します。

 

そんな不安定な状態の中に飛び込んでくる変態を

募集します。

 

 

ポイントはその場所に行くことです。

そこは伊勢神宮との関係も深い場所になります。

さらに、八大龍王のエネルギーもあります。

綿津見神、天照皇大神、須佐之男命も。

 

 

私たちの動きの背景には大きな流れがあります。

その流れの中の場所を明かさないシークレットツアー

なのです。

 

 

参加するとどうなるか?

 

あなたの中に必ず変化が起こります。

 

必ずです。

 

その変化を楽しみにご参加ください。

 

 

申込みはこちら

 

※申込みフォームからエントリーすると、すぐに

返信メールが届く設定になっています。

サーバーの不具合により届かないことがありますので

もし届かない場合は、チャネラーリュウ公式ラインより

メッセージをください。

申込みを確認後、内容をお送りします。

 

11月の神社ツアー⛩は春日大社

今日は11月の神社ツアー⛩のお知らせです。

 

11月の神社ツアーは奈良県の

 

春日大社

かすがたいしゃ

 

 

 

2020年11月16日(月)

 

午前10時 春日大社 一の鳥居前 集合

 

参加費無料

 

〒630-8213

奈良県奈良市登大路町48(一の鳥居近くの住所です)

 

 

春日大社(かすがたいしゃ)は、奈良県奈良市春日野町にある神社

式内社名神大社)、二十二社(上七社)の一社。

旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

旧称は「春日神社」、神紋は「下がり藤」。

全国に約1000社ある春日神社の総本社である。

ユネスコ世界遺産に「古都奈良の文化財

の1つとして登録されている。奈良平城京

遷都された和銅3年(西暦710年)、藤原不比等藤原氏の氏神である

鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に遷して祀り、

春日神と称したのに始まるとする説もあるが、

社伝では、神護景雲2年(西暦768年)に藤原永手鹿島の武甕槌命、

香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、

御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したのをもって創祀としている。

ただし、近年の境内の発掘調査により、神護景雲以前よりこの地で

祭祀が行われていた可能性も出てきている。

 

ウィキより

 

ということで、全国の春日大社の総本社に訪れます。

今回は、諏訪の流れも組みつつ、歴史上大きな役割を担った

藤原家の祖神を祀っている神社でもあります。

 

 

そして、毎回全国から色々な個性を持つメンバーが集まってきます。

初めて会ったのに、昔から知っているような気がする。そんな声も

多く聞きます。要するに魂の家族と再会する確率が高いのです。

 

とにかく、行ってみたいなと一瞬でも思ったらそれをすぐに

行動に移して下さい。

あなたの人生に新しい展開が訪れます。

 

 

申込みはこちら

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。